昨日、日本橋の老舗の大手書店「丸善」が新築オープンしました。
ここは「丸善」創業の地で旧本社ビルを解体して再開発し、
新たな「日本橋店」としての開店です。本店は現在、
2004年にオープンした丸の内オアゾの中に移転しました。
てっきり旧本社を建替えたら本店は戻ってくるのかと思っていた
のですが、どうやら丸の内のままのようですね。
早速、昼休みに見物してきました。
丸の内オアゾ本店がオープンした時と同じくらい、見物客で
店内は混雑していました。レジには行列ができていて、
またもや、呆れました。本なんてどこで買っても同じなんだから
行列してまで買うこともないだろうと思うのですが。(笑)
 
店内を歩き回ってみましたが、気がついたのは店舗デザイン。
丸の内店はモダンで都会的、シンプルな高級感を追求して
いましたが、ここは創業地、日本橋を意識しているのか
伝統と格式を表現した様式的なデザインを取り入れています。
煉瓦風のタイルを貼ったりダークウッドを採用してクラシックな
落ち着いたインテリアです。
 
3階にカフェを発見。やはり定番のハヤシライスをメニューに
加え、ショーケースにもハヤシライスが鎮座しています。
斜めに置かれているので見本丸出しなのが気になりますが。(笑)
創業者でありメニューの発案者である「早矢仕」氏の名前を
用い「早矢仕ライス」と命名されています。
ここもやはり満員で入店待ちの行列が出来ていました。
カフェもオアゾ店は明るくてカジュアルなインテリアでしたが
ここは落ち着いた雰囲気ですねえ。
落ち着いたらそのうち、行って見たいと思います。
 
 
 
 
 
 
広告