昨日、2月23日に無事、○○回目の誕生日を迎えました。
世間的には皇太子殿下の誕生日で、富士山(223)の日として
知られています。(笑)将来的には天皇誕生日になって祝日になり
そうですが、それまでこちらが生きていられるでしょうか?(笑)
 
アニバーサリー有休で会社を休みランチを「ジョエル・ロブション」でいただいて
きました。数年前に「タイユバン・ロブション」から経営母体が変わり契約切れで
タイユバンが抜けて「ジョエル・ロブション」になったのはご存知だと思いますが
インテリアデザインを変えてサービス体制も変えたというので心配しながら
出かけてきました。ネット情報では評判は良かったので、期待して予約を
入れたのですが、この目で確認しなければ実際は分かりませんよね。
もう9年前くらい前に初めて利用し、リニューアル工事の為の一時閉店直前の
2年前?にも行き、料理や雰囲気に圧倒されたので、今回の変更点が
気になるところです。ただ、基本的には不世出の天才シェフ、ジョエル・ロブションが
監修しているので大きく変わる事はないだろうとは思うのですが。
 
実際に再訪してみて、料理の心配に関しては杞憂に終わりました。
相変わらず素晴らしいです。ただし食器が以前はクラシカルな王朝風だったのが
現在は、和風のテイストも加えたモダンなデザインになっている事です。
椅子も昔の物はベルサイユ宮殿に置いてありそうな優雅な物だったのが、
現在の物はモダンなカフェに似合いそうなデザインでした。壁もガラスに覆われていて
重要文化財を保護しているかのような、デザイン処理になっていました。
サービススタッフは礼儀正しく、丁寧な接客態度ですが、以前よりフレンドリーな
雰囲気で、以前のような重厚さやフォーマルな格式ばった接客ではなくなった
ような気がします。良く言えば気軽ですが、悪く言うと安っぽくなったような
感じも受けますね。
 

 
広告