成城学園前駅から程近いフレンチレストラン「アシエット」に
久しぶりにランチに行ってきました。前回の訪問からもう何年も
経っています。すこし変わっただろうか、と期待と心配が入り混じった
気分で店に向かいました。成城学園前駅北口から徒歩2分ほどの商店街の
脇道に入ったところに「アシエット」はありますが、駅前なのに、一歩入った所
なので意外なほどの静寂感に包まれた一軒家のレストランです。
御影石の重厚で高級感あふれたファサードは、小さな高級マンションのような
雰囲気で一見、画廊かオフィスのようにも見えます。
しかし、店内に足を踏み入れると一転して温かみのある邸宅の雰囲気。
前回と変わっていません。安心しました。1階はウェイティングスペースがあり
奥が厨房、その手前の階段を登ると、2階がダイニングになっています。
3階がパーティールームで地下がワインバーになっていますが、
各階へのアクセスにはエレベーターも設置されているのでお年寄りや
足の不自由な方も安心して利用できます。
インテリアは瀟洒で高級感あふれるクラシックなデザイン。
広くはないが、清潔感が漂う居心地の良い正統派の空間です。
カトラリーはクリストフル、陶磁器はリチャード・ジノリなど伝統の一級品を
揃えグランメゾンなみの風格ですね。お客さんも中年から年配の女性が
ほとんどで友人と2人だけでの利用や4~5人のグループでの利用などが
多いようです。地元マダムとお見受けいたしました。
私たちがいただいたのは4000円のランチコースでした。
アミューズブッシュから始まってオードブル盛り合わせ、
レンズ豆のスープ、メインディッシュの魚、肉料理どちらかを
選択し食後のデザートとコーヒーが出ました。
料理はオーソドックスで面白みはないですが、誠実に作られて
いると思います。オードブルは平凡ですけど、丸いワカメのパンは
モチっとした食感と潮の香りで個人的には好きです。
ただし肉料理の牛テールの赤ワイン煮込みはやや、あっさりした
味付け。溶けるような柔らかさでもなく、少し物足りません。
相方の頼んだ魚料理は帆立貝と他二種類の魚でしたが、こちらの
ほうが美味しかったかな。ただし最後のデザートはちょっとガッカリしました。
味が安っぽいです。デザートは最後の締めなので料理全体の印象を下げてしまいます。
早急に改善していただきたいポイントですね。
サービスは少人数でされていますが、頑張っていると思います。
でもちょっと表情が硬いかも。もう少しリラックスされた方が
良いかと。前回は中年の男性だったのですが、今回は若い男性で
まだ新人だったのかもしれません。店を出るときに、シェフ自らお見送りに
出られてご挨拶していただけます。今回で二度目ですが相変わらず、温かくて
誠実そうなお人柄です。ここで、店の印象が、良くなり、また来ようかなという、
気分になります。ですので是非、デザートの質を上げ、地元の誇りとなる
レストランになって欲しいですね。
 
広告