蘇州見学の翌日は上海市内を観光しました。歴史的な遺跡
や古い街並みと最先端のビル、ショッピングセンターが共存
しており、この点では東京も古い文化と最先端の文明が共存して
いる街だと思っていましたが「上海」はそれ以上の驚きがある都市
でした。以前、欧米から帰国すると東京は賑やかで雑然として
派手な街だと感じていましたが、上海から帰ってきたら東京はシックな
街に見えましたし、スケールも小さく感じてしまいました。
上海はダイナミックで、広大な街です。超高層ビルも続々と建設
されています。現在建築中の「上海ワールドフィナンシャルセンター」
は高さ492m。101階建てで完成すれば世界最高のビルになります。
日本の森ビルが建築主で通称「上海ヒルズ」のネーミングは中国に
大反発を食らいニュースになりました。そのすぐ横に建っているのは
「グランドハイアット上海」88階建てで世界一高い超高層ホテルです。
上海は今、というかこれからも世界で一番、エネルギッシュな街でしょう。
時速431キロの超高速で突っ走るリニアモーターカーが営業運転され
ているのを見てそのスピードとテクノロジーに驚嘆しました。
しかし、一方レストランやホテルの接客態度には問題ありです。
大雑把な国民性なのでしょうか。それとも私が日本人の客だったからでしょうか、
中華の回転テーブルに点心などを並べていく際、お客の食べる
スピードにお構いなく、どんどん出してしまって置くところがなくなると、
別の料理が載っている皿の上に別の皿を乗せてしまうのです。
日本では考えられない接客以前の問題です。ホテルでも客用エレベーターで
カートン入りの酒やジュースを大量に運搬していて場所を塞いでしまい、
お客の迷惑も考えていないようです。ホテルのお風呂のお湯も茶色くて驚きました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告