昨日は日本橋三越本店新館10階にある代官山のリストランテASOの
支店でランチしました。本店にはディナーでの利用がありましたが、
ここ三越店は初めてです。この10階は他に「なだ万」「筑紫樓」があり
落ち着いた高級感が漂うフロアとなっています。このASOチェレステの
エントランス部分は他と比較すると、それほどの風格はないですが、
ダイニングルームはシンプルで洒落ていると思います。代官山本店の
クラシカルな邸宅風ではありませんが、ここはこれでも良いと思います。
ただし二子玉川高島屋のASOは未だ利用していませんが、エントランス
だけ見ると、遥かに現代的でシャープなデザイン、内装もここより
良さそうですね。
料理のレベルは高いと思います。素材も調理も味付けも良いです。
ただしアンティパストのバジリコのフランがバジル味以外しなくて
総体的には淡白でした。もう少し味があっても良いと思いますね。
一方、黒豚のヴィンコット風味は良かったです。程良いソースの
味付けが気に入りました。ところが最後のドルチェが残念でした。
目の前に置かれてフルーツの香りがふわり、と漂ったまでは良かった
のですが、食べてみるとバニラやキャラメルのアイスクリームと
グレープフルーツの味がマッチしていません。アイスの甘さでフルーツ
の苦みが引き立ってしまったのです。それともグレープフルーツ自体が
外れだったのか。コーヒーもいまいちでした。やや酸味が強くて
苦みとコクがなかったです。保温しておいたものだったのでしょうか。
あと問題なのが接客態度。悪くはないですが、スタッフ全員に、
笑顔がないのと、料理の説明の声が小さいです。そしてキビキビとは
違う、ドタドタした歩き方。もう少し優雅に歩けないのでしょうか。


広告