今日、初めてメトロリンク日本橋のシャトルバスに乗り日本橋へ行きました。
ご存知ない方もいらっしゃると思いますので説明しますと・・・。
日本橋周辺地域の企業が資金を出して無料巡回シャトルバスを運行しているのです。
運行管理は日の丸自動車が行っています。3台のバスにより10分間隔で京橋~宝町~
八重洲~日本橋を巡回していますが、そのうちの1台は、なんとニュージーランド製です。
車体の製造メーカーはニュージーランドのDESIGNLINE社で地元のクライストチャーチ市の
無料シャトルバスの製造を行っています。この車体はクライストチャーチシャトルと同じもので
タービンEV方式の電気バスです。 タービンEV方式とはガスタービンで発電した電気をバッテリー
に充電して走行する方式です。最高速度は70km/hだそうです。モーター出力:141kwで
一充填走行距離:300km、燃料は軽油です。マイクロガスタービンエンジンはディーゼルより
格段に静粛でした。 また低床式ボディのため乗降性も良好です。グラスエリアが広大なので
開放感あふれ明るい室内でした。実は丸の内にも同型のバスを用いた同様の交通システム
丸の内シャトルがあります。運行状況は携帯電話でもチェックが可能で、バスの現在位置が
確認できるようになっています。便利で省エネにつながるので皆さんももっと使ってくださいね。
利用者が少ないと廃止になるかもしれませんので。それは冗談ですが。(笑)


広告