小田急線の成城学園前駅ビルが生まれ変わりました。その名も「成城コルティ」。
東横線田園調布駅同様にホームが地下に移設され地上4階建ての商業ビルになったのです。
中央が吹き抜けで明るい建物です。これで成城の駅前の雰囲気は劇的に変わりました。
同じコンセプトの田園調布駅の「東急スクエア ガーデンサイト」は6年前のオープンなので
デザイン的にはやや、古く、ベージュの石造り風の外装ですが、成城コルティはガラスと
ステンレス、最近流行の吹き抜けを取り入れ、明るく、ダイナミックな構成の建築になっています。
1階にはスーパーの「小田急OX」「トロワグロ」「オテル・ドゥ・スズキ・フルーツ」「DEAN&DELUCA」
2階はドラッグストア、眼鏡店、書店、楽器店、雑貨店、カフェがあり
3階が駐車場、医院、英会話教室、銀行、4階には屋上庭園を囲んで、松濤のフレンチレストラン
「シェ松尾」の系列店「「グランファミーユ・シェ松尾」が入っており、価格帯はかなり松涛の本店より
安い設定ですが、気軽に利用できそうです。一部、オープンカフェになっていて、晴れている日は
気持ちよさそうですが、今回は行列ができていて時間もなかったので見送りました。
ランチで利用したのは七里ガ浜のイタリアン「アマルフィイ」の系列店「アマルフィ・カステッロ」です。
屋上緑化されていて、ダイニングルームからの眺めは素敵です。
ランチのスパゲッティをいただきましたが美味しかったですよ。
このレストランは丸の内OAZOにも支店があります。

 


 
広告