レクサスのフラッグシップ・LS460の内覧会で用賀のレクサス店に行ってきました。
まだ発表会ではないので、お客さんは少なかったですが、ディーラーの駐車場には
メルセデスSクラス、BMW7シリーズ、セルシオがずらりと並んでいました。
敷居の高さは相変わらずで、高級ホテルのようなエントランスとショールームの
インテリアは圧倒的な高品質感に包まれています。また、ここ用賀店は環八に面し
向かいが砧公園の緑地なのでロケーションも素晴らしいのです。
 展示されていたLS460はデザインはともかく質感は最上級ですね。
鏡のような塗装が素晴らしく、ボンネットに天井の照明が綺麗に映り込んでいます。
内装は先代に当たるセルシオとあまり変わらないのが残念。カーナビはタッチパネルで操作が
簡単で快適でした。ただし、センターコンソールの位置が高くて少し圧迫感がありました。
8速ATを収納する都合でコンソールが厚くなってしまったそうです。センターアームレストが
物入れのふたを兼ねていますが、閉じる時のふわり、とした動きが絶妙で優雅です。
この動きには感動しました。ドアやトランクもオートクローザーで静かに確実に閉まります。
99万円のオプションでレーダーと自動ブレーキが装着でき、対向車、障害物、人間に衝突が
避けられない状況になると、自動的に急ブレーキをかけてくれるそうです。人間が確認して
足でブレーキを踏むのより、短い距離で停止できるのだそうで、そこまで技術が進歩して
いるのを知り、驚きました。
カミさんと行きましたが、彼女は「店の敷居が高すぎない?」と言ってました。
圧倒的な高級感に、気を遣わされるようです。あとメルセデスEクラスとでは、
クラスが全然違うと思ったそうです。先代Sクラスが相手だったら、完璧に
レクサスの方が上だ、とも感じたそうですね。(新型Sクラスはよく知らないみたいですが)
カミさんの意見は、多分、一般の車を良く知らない人の感想と同じだと思います。
ですから、LSの凄さやブランドは徐々に一般に認知されていくのではないかと思いますね。
カミさんは独身時代にトヨタ車を連続で3台、結婚してからもソアラに乗ってましたから
実はトヨタ車とは相性が良いみたいなのです。最近はプリウスが気になっているみたい
ですし、今日も、レクサスISを見て、「これも結構、良いじゃない」、と言ってました。
でも、この間、軽井沢の高級蕎麦店「東間」の駐車場で見たときは高級感がないと
言ってたんですけど。(笑)
 
 
 
広告