日産自動車がニューヨーク国際オートショーに出品したコンセプトカー
「スポーツコンセプト」が アニメ「攻殻機動隊S.A.C Solid State Society」
に登場します。 自動車会社とアニメーション作品のコラボレーションは画期的
な出来事です。コラボのきっかけはアニメの制作会社「プロダクションI.G」の
社長が村上隆氏のパーティーに出席した際に、偶然、日産のカーデザイナー
も来ていて、話をするうちに「攻殻」の大ファンだった事が判明、車を出演させる事
に発展していったそうです。現在、銀座日産ギャラリーにてコラボ展が公開中です。
車はもちろん、ジオラマや絵コンテなども展示されていてファンは見逃せないでしょう。
面白い試みですが、物足りないのは車のデザイン。悪くはないが、少々、おとなしいです。
未来感、特殊な車といった凄みのある雰囲気がないですね。ロングショットだと
ディテールが消え、普通のホットハッチに見えてしまいます。ティーダの
エアロ仕様と言ったデザインでしょうか。しかし、ドラマ上の設定は知らないので
なんとも言えないのですが、日常的な使用ならこれでもいいのかもしれません。
いや、でも改めて、車体デザインを眺めていたら、なかなかバランスがとれて
いて、力強いフォルムに気がつきました。アニメに登場する、と言う先入観なしで
素直に見たら、スタイリッシュなハッチバックだと思います。私の固定概念が
いけないのかな?(笑)
 アニメは9月1日から「スカパー」で有料放送され、11月24日から
バンダイビジュアルにてDVDが発売されます。
広告