青梅市納涼花火大会に行って来ました。会場に到着したら、もう周辺駐車場は
満車で、交通整理のおまわりさんやミニパトも巡回していて会場付近には
路駐もできない状況でした。そこで仕方なく、ちょっと離れた住宅街へ移動。
花火が良く見えるポイントで、しかも交通量の少ない道を探し、そこで車を道路の脇に
止め見物していました。打ち上げ会場や青梅駅ほどではないですが良く見えましたよ。
花火は、特に面白い作品はなかったですが、ドラえもんの顔型の花火は面白く、
似ていて、見物人の子供が「ドラえもん!」と声をかけていました。
花火大会終了後、帰りがけに青梅駅近くの商店街も見物してきました。
旧態化し時代遅れになった商店街を今、話題の昭和レトロをテーマに
蘇らせて話題になっている地域です。赤塚不二夫が選んだ名作映画20作品の
ポスターが街中に貼られていました。赤塚不二夫は漫画家になる前、新潟県で
映画館の看板を描いていたので、その縁もあって古い映画看板を保存していた青梅に
「青梅赤塚不二夫会館」をオープンさせたそうです。
次回は、改めて昼間に訪れてみたいと思いました。
広告