昨年の軽井沢旅行ではフレンチの「エルミタージュ・ドゥ・タムラ」で
食事をして大満足でしたので、今年も記念になるような料理店へ
行こうと考えていました。軽井沢でタムラに匹敵するような店と言えば
もう「手打ち蕎麦 東間」以外にないでしょう。中軽井沢に住むグルメの知人も
お薦めでしたので、前日に予約してから行きました。軽井沢プリンス通りの、
とある交差点を入り、閑静で建物がまばらな別荘街の中に「東間」はあります。
和風の邸宅と言った佇まいで、小さな日本庭園のような中庭を通り
玄関を開けると、落ち着いた、穏やかな風情の内装が目に入ります。
応対に出た係りの女性に予約の旨を告げると早速、部屋に通されますが、
そこは椅子とテーブルの洋間の席でした。しかし落ち着いた格式を感じさせる
部屋で、中庭を見渡す事ができ雰囲気は素晴らしかったです。
料理も懐石料理+蕎麦であり高級で洒落ていて美しく、そして美味しい
のです。難点はちょっとペースが早かったことでしょうか。しかしランチで
家族連れで訪れましたので、それは仕方の無い事か。でも大満足でした。
軽井沢を代表する料理店は洋の「タムラ」、和の「東間」と言い切って良いでしょう。
広告