HC3を使ってみました。軽量、小型で、持ち歩くのは楽です。
都内某所を電車で移動し、屋外や屋内で撮影しましたが
邪魔にならず、気楽に撮影できました。
しかし、撮影をしてみますと、小型軽量が仇になりますね。
特に私はVX1000を使い慣れていたせいか、シャッターボタン、
ズームボタンが小さすぎて、撮影時にまごつきますね。そして
ズームスイッチが左右に押したり引いたりする操作なので
カメラをしっかり構えていないとレンズが左右にぶれます。カメラが
軽いので、ちょっとした指の動きが、本体に伝わってしまい、
揺れ動いてしまうのです。またズーム速度の調整もズームボタンの
押し加減で行うのですが、微妙な操作がし難く、急速なズームインに
なってしまう事も多かったです。ですので再生画像をチェックすると
ホームビデオのような落ち着きのないカットが多くなっています。
ハイビジョンなので解像感は素晴らしく、シャープな映像ですがやや、
ノイズが多く、この点でやはりホームユースを再認識させられます。
この点、VX1000は質量があり、グリップも程よい大きさで
ボタンの大きさ、間隔も適度にあって、操作感では快適でした。
撮影した画像にも、どっしりした重さが反映され、安定感のある
カット、シーンが得られプロっぽい画像が撮れました。
一方、HC3の美点はやはり最新鋭の技術が盛り込まれ、
液晶モニターでプレビューする時もタッチパネルで便利、確実ですし
静止画も400万画素で撮影でき、テープの画像も後から簡単に
キャプチャーしてメモリースティックデュオに記録できます。400万画素の
画質は標準的なコンパクトデジカメという感じでセカンドカメラとして使える
位のシャープさであり、色も忠実な再現性が得られますね。キャプチャー
画像は暗い屋内は駄目ですが明るい屋外のシーンならそこそこ見られる
画質ですね。左の桜の画像がキャプチャーで、右の車の画像は400万画素
画像です。
 
広告