ドイツ・デザイン展を見学したついでに森タワー52階の展望台を
見物してきました。この展望台に来たのは数年ぶりです。
前回、来た時には影も形もなかった防衛庁跡地の
東京ミッドタウンの超高層ビルの躯体がかなり建ち上がって
全容が掴めるようになりました。しかし、デザイン的には
保守的というか冒険がないビルですね。六本木ヒルズ森タワーの
未来的なCGのようなデザインを見た後では物足りません。
もう一つ新たに完成しつつある建物も見ることができました。
国立新美術館です。黒川紀章氏設計の、そのファサードには
度肝を抜かれました。3次曲面が取り入れられたガラスカーテンウォール
のデザインは有機的な感覚があります。環境との融合、景観
との調和をテーマにしているのでしょうか。
氏の最近作には3次曲面ガラスアトリウムというモチーフが
よく使われると思います。
広告