ニュースでも話題になっている表参道ヒルズに行ってきました。
昨日、オープン初日だったので大混雑だったそうです。
入場制限もしていたようですが、ここ近年、恵比寿ガーデン
プレイス以降の大規模再開発は入場者の長蛇の列というのが
恒例になっていますね。お台場や丸ビル、六本木ヒルズなど。
ですので、ここは夜になってから探索に出かけました。
建物は安藤忠雄の設計でシンプルですがダイナミックな
空間が面白いです。長方形ですが回廊型になっていて
回りながら地下3階から地上3階まで全ての店舗を
見られます。総延長距離が丁度、表参道と同じ距離に
なるのだとか。そして各フロアのスロープの角度も表参道の
傾斜角度に合わせてあるのだそうです。アイデアが素晴らしいですね。
安藤忠雄は立地条件や地形を建築のコンセプトに取り入れ
建物の特徴、個性にまで昇華してしまうのが称賛に値すると思います。
中央が吹き抜けでスロープ式の回廊と言えば、ニューヨークの
グッゲンハイム美術館を想起させますが、あちらは円形ですので、
雰囲気はかなり異なります。でも建物の外観デザインはあまり個性がないかと。
同じ安藤忠雄氏の作品でも尾山台のアウディショールームの方が
洒落ているような気がしますし、コンクリート打ちっぱなしの機能的な
フォルムもショッピングモールにはちょっと冷たすぎるきらいもあります。
広告